更新情報・お知らせ


平成28年
6月17日(金)
平成27年度決算書類等、アップロードしました
2月1日(月)
「敦賀市障がい者地域生活支援センターこだま」、「嶺南障がい者就業・生活支援センターひびき」、「敦賀市自立促進支援センター」のホームページリニューアル
平成27年
7月6日(月)
平成27年度職員採用試験案内


敦賀市社会福祉事業団とは

 敦賀市社会福祉事業団は、障がい者支援施設「敦賀市立やまびこ園」の指定管理者として、また、「ワークサポート陽だまり」、「グループホーム桜ヶ丘」の設置運営、並びに「敦賀市障がい者地域生活支援センターこだま」、「嶺南障がい者就業・生活支援センターひびき」、「敦賀市自立促進支援センター」の管理・運営を通して、敦賀市における社会福祉の増進に寄与するとともに、多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう、創意工夫の理念をもって、自立した生活を地域社会において営むことができるよう支援することを目的とした社会福祉法人です。
 なお、市立保育園の民営化に伴い、平成20年度から「松原保育園」、平成21年度から「木崎保育園」、平成22年度から「金山保育園」の運営に取り組んでいます。

理事長あいさつ

 敦賀市社会福祉事業団のホームページへ、ようこそいらっしゃいました。
 当事業団は、敦賀市の出資を受け平成5年に設立し、市立やまびこ園と知的障害者通所授産所の管理運営を開始しました。
 その後、障害者地域生活支援センター「こだま」、グループホーム「桜ヶ丘」、平成20年度から松原、木崎、金山の3保育園の民営化による運営、嶺南障害者就業・生活支援センター「ひびき」、授産所の移転に伴う「ワークサポート陽だまり」の新築、さらに平成27年度から「敦賀市自立促進支援センター」の開設などを行ってきました。
 この間、敦賀市はじめ市議会並びに関係各位から寄せられました深い御理解と温かい御支援、御協力に対し心より厚くお礼申し上げます。
 事業団として、理念である「創意工夫」をしながら、障がい者や園児のために
何が幸せであるかを念頭に、基本方針である、利用者の視点に立った自立を目指した支援、心身ともに健やかに強く生きる力を育成する保育の実現に向け、職員のチームワークで一歩ずつ前進していきたいと心を新たにしているところであります。
 最後に、福祉の向上のため先人たちが築いてきた20年以上の歴史と命の重さを感じながら、事業団を支えてくれているすべての人に「感謝」の気持ちを忘れずに、利用者さんや園児、そして周りの人たちが「笑顔」で幸せな毎日が過ごせますようお祈りし、あいさつといたします。
 今後ともよろしくお願いいたします。
敦賀市社会福祉事業団
理事長  土屋 尚樹