私たちの教会を紹介します。


 敦賀教会は「日本キリスト教団敦賀津内教会(創立1908年)」と「日本キリスト教団富貴教会(1909年)」という2つ教会が1950年に合同して誕生致しました。
 まず敦賀津内教会が1891年(明治24年)、講義所開設をもって伝道を始めました。しかし、1897年(明治30年)に一時撤退。再び1908年(明治41年)に日本基督教会敦賀講義所が設立されます。以来、民家で集会を守りつつ、1931年(昭和6年)に教会堂と牧師館を建築します。そして、1941年(昭和16年)に日本キリスト教団敦賀津内教会として歩みを始めました。
 一方、富貴教会は1909年(明治42年)、日本メソヂスト講義所として出発し、一般家庭での集会開催を続けていました。1915年(大正4年)に日本メソヂスト富貴幼稚園を設立し、敦賀の地において幼児教育を始めました。1936年(昭和11年)には教会堂、牧師館、幼稚園舎を建築し、日本メソヂスト敦賀教会となり、1941年(昭和16年)には日本キリスト教団富貴教会となりました。
 私たちの教会の母体となる、これら2つの教会は、その発展の歴史において、どちらも日本人伝道者と信徒、そして宣教師らの多大な労苦があったものと思われます。
 それぞれに戦時下の苦難を耐えていましたが、1945年(昭和20年)、戦災によって敦賀富貴教会の建物が焼失してしまいます。そして両教会の合議の上、敦賀富貴教会と敦賀津内教会とは合同することになりました。1950年(昭和25年)、正式に2つの教会は合併し、「日本キリスト教団敦賀教会」として両教会の伝統を融合させつつ、新しい歴史を刻んでいます。1951年(昭和26年)2月には、現在地に牧師館を建て、同年8月には教会堂を建設しました。そして、1976年(昭和51年)に教会墓地を建立し、1978年(昭和53年)には教会堂・牧師館を新築しました。
 また、日本メソヂスト富貴幼稚園は、しばらくの休園の期間をはさみながらも幼児教育を続け、敦賀教会幼稚園と名前を改めつつ、1978年(昭和53年)には「学校法人栄光学園敦賀教会幼稚園」として、幼稚園舎を新築、教会と共なる歴史を歩んでいます。
 現在、敦賀教会は現住陪餐会員70名。2016年度に1年間の無牧師の期間を経した後、2017年4月に有岡史季牧師が着任しました。2つの教会が合同し、日本キリスト教団敦賀教会として歩み始めてから7代目となります。敦賀教会と敦賀教会幼稚園とは、その歴史を大切にしながら、主の福音とキリスト教幼児教育の”良き香り”を広めるべく、敦賀の町で、今日もコツコツ勤しんでいます。



このページの先頭へ