9月3日(土)、4日(日) 2回目
 2回目の白山は山友クラブの9月例会で行くことにしたので、南竜山荘のケビン泊初体験ということになった。
 9時半に市ノ瀬の駐車場に着いたたらほぼ満車状態。いそいで準備してシャトルバスに乗り別当出合へ。
 勝山でパラパラ来たので心配だった天気もなんとかもちそうで、いざ出発!
10:10 スタート地点でまず記念撮影する3人。左からI氏、U氏とわたしだ。 12:30 すごい汗をかき、休み休み来たので結構時間がかかったが、ここで昼食休憩。  南竜分岐をすぎるとあとはなだらかな歩きやすい道が続く。山荘が見えてきた。
14:25 これが野営場に立つケビンだ。利用するのは我々だけみたいだ。ちょっと古そー  ・・・と思ったが中に入ると意外ときれいでゆったりしている。荷物を片付けて散歩に出た。  17:20 ケビンの裏手にある湿原を散歩した後、山荘で夕食。かんぱ〜い(^^)  これが夕食のメニューだ。パッとしないおかずだが腹が減っているので完食!
 午後2時ごろ南竜山荘に着いて手続きを済ませケビンに向かう。外見は古いが中はそうでもなく快適な感じだ。
 裏側が湿原になっていたのでしばし散策。なかなかいいところだぞ。
 5時半ごろ山荘で夕食を済ませ、ケビンに戻るともうすることがない。早めに寝たが夜中急に腹が差し込んで3回もトイレに行く羽目に・・・。悪夢の夜でした。おまけに朝方雨の音で目が覚める・・・
18:00 定員5人のところ3人なので手足伸ばして寝られた。 6:20 朝食を食べに山荘に向かうがときおり濃いガスがかかる嫌な天気だ。 7:25 トンビ岩コースを選び室堂に向かうとなんと天候が回復してきた。
 朝起きると雨こそ降ってないが空はどんより、まわりは濃いガス状態
 先行きが心配だったが、朝食を食べているうちに晴れだして7時過ぎに出発するころには青空が少し見えてきた!
 何とか午前中はもってほしいとトンビ岩コースをハイペースで登り、8時半室堂着。だが山頂のほうはガスでおおわれている。お池めぐりはどうするか?
 トンビ岩に到着。小休止の後室堂に向かう。頂上のほうはガスみたいだ。  室堂山荘で休息のあといよいよ頂上アタックの時。なんとガスが晴れだした! 9:30 まさに奇跡的な青空のもとついに山頂へ!もっともアルプス方面は雲で見えず残念。
 大汝のほうを見るとくっきりだ。これならお池めぐりもばっちりだぞ。  この辺りは快適な歩きだが少しガスがかかりだしてきた。山の天気だね(^^)  千蛇ヶ池には万年雪が残っている。ガスは時々晴れるのだが・・・室堂へ戻るにつれまた濃いガスに。 11:00 無事室堂に戻るとこのガスだ。風もあるので中で昼食をとることになった。
 朝、起きたときにはどうなるかと心配になる天候だったが、なんとも運がいいというか登り始めたら晴れだし、山頂もガスが切れていうことなしの登頂を果たすことができた。久しぶりのお池めぐりも散策という感じでゆっくり景色を楽しむことができた。本当は大汝ヶ峰も行きたかったがちょっと体力的に無理でしたね。
 今回の山歩きは山友クラブの例会にしては参加者3人と寂しかったが(そういえば立山も3人だったなー、大丈夫だろうか。)、その分あまり気を使うこともなかったので(そもそも気を使わせるほうなのかもしれないが)気持ちのいい山歩きだった。市ノ瀬までの往復も人の車なので楽だったし(帰宅してから民謡踊り取材で自転車で本町まで行ったのは余分だったけど)、たまにはこういうのもいいなーと思いました。
 7月20日(水) 1回目
 山に登る日はいつも早く目が覚める。時間を無駄にせず早めに家を出る・・・ということで7時には別当出会に着いたが、今までになく車が多くてもたもたし、結局スタートは7時半・・・いつもと一緒じゃないか(^^;)
 登る準備をしながら標高1200mのひんやりした空気を吸うと、さあいよいよ白山だぞとキリッと気持ちが引き締まる。 
7:00 別当出会着。上はいっぱいで下の駐車場へ。ここもほぼ満車状態。 7:30 天気は上々、空気はさわやか、さあ出発だ! 9:05 甚之助避難小屋着。たくさんの人が休んでいる。アンパンでしばしの休憩。 
 平日にもかかわらずたくさんの登山者がいて、下りてくる人とすれ違ったり、追い抜いたり、追い抜かれたりとにぎやかなこと。
 甚之助までは結構汗をかいたが2000mを超したら涼しくなってあまり疲労を感じずに室堂に到着
 ひと息ついて水分と栄養を補給したあと山頂に向かう。40分かけて山頂に到達。ここも人が多い。
 
9:40 緩やかなトラバースに出るとあと少し。ここまで来るといつもホッとする。 10:10 十二曲がりの急坂を登り切ると初めて山頂が見えてくる。雲がないぞ、やったー。  10:30 八か月ぶりの室堂山荘には大勢の人がいた(写真では見えないけど)。
 11:20 山頂に立つ
 
 山頂からの眺め・・・左から大汝ヶ峰、別山、室堂山荘・・・御嶽側はガスで見えなかった。
 東側は雲が湧き出ていて何も見えない。早朝は見えたみたいだからそういう時間帯なのだろう。だけど他の方向は結構見えるのでゆっくり休みながら景色を堪能した。
 40分休憩してさあ下りようとしたらストックがない!慌ててそこいら中探したら最初に休んだ方位盤の陰にあった。よかったー。
 12:30 ちょっと遅い昼食はいつものまずいラーメン。今日はスープが超ぬるかったぞー
 イワギキョウ  クルマユリ   ラーメン&ビール 
13:15 下山。名残惜しいが・・・また来る日まで。  弥陀ヶ原には早くもガスが立ち込めて・・・。  甚之助あたりまではガスがかかったりきれたりだ。 15:40 いつもここまで下りて来るとホッとする。

 もっといたかったが家まで遠いので(^^)1時過ぎに下山にかかった。甚之助小屋までは結構花も咲いているので写真を撮りながら気持ちよく歩けるのだが、けっこう名前を忘れているなー。また、この時間帯でも続々登ってくる(団体も多い)のにびっくり。なかには南竜泊まりという団体もいた。
 甚之助を越えると花も少なく、下りも単調になってただ黙々と歩く。最後の一方通行のところはいつも無視して上りコースを下るのだが、今日ばかりは後ろから次々来るので人目が気になり(^^)下りコースにした(これがまた長いのだなー)。でも、さほどくたびれもせず別当出会に着き、帰途についた。久しぶりに充実した山歩きだった

 付記 恐竜博物館の近くにあった和紙でできた恐竜の頭が落ちていた。