2014.9.3
前回気持ちよく歩けた御嶽山、今年は11年と同じ王滝口から登ることにした。
3年前は登山口の駐車場が2000mもあると知らず(しかも10月)寒さに震えて寝られなかったが、
今年はひと月早く中腹を車中泊地に選んで寝袋、毛布、エアマットの3点セットと万全の装備で臨んだのであった。

 登山口の標高は高いので今回は林道の途中の適当なところで寝る予定をしていたが、ちょうどキャンプ場(標高1500mくらい。有料。)があったのでここで泊まることにした。
 時々目が覚めたがそれでも4時くらいまでは眠れた。ここは本当は300円いるのだが、誰もいないのでだまって出発する(^^)
 18時 宿泊地のキャンプ場着。とがった山が多分登山口の田ノ原だと思われる。  5時にキャンプ場を出て、登山口に向かう。林道で日の出を見る。 5:25 田ノ原駐車場は濃いガスでおおわれていた。何も見えない。
 登山口についたときは濃いガスだったが、朝食を食べているうちにだんだん晴れて来てスタート時には太陽が顔を出した。
 幸先がいいぞと思ったが、頂上部分は雲がかかっている。何とか晴れてほしいと祈りながら歩き始める。
     
6:00 鳥居から御嶽登山が始まる。さあ、登るぞーという気になる。  ガスが晴れてきて気持ちのいい山歩きになりそうだ。 6:22 しばらくは林の中。道は整備されている。 
 最初は気分よく歩いていたのだが、異変を感じたのは八合目の手前あたりか、軽い吐き気とめまいがして足が重く、しかも息切れが激しい。
 高山病のなりかけかと思って、以後大きく呼吸をしてゆっくりと歩くようにする。
 頂上部分はやっぱりガスに覆われている。
 
6:32 まわりが開けてきて明るくなる。もうすぐ森林限界だ。 6:44 あと少しで八合目というあたり。足が動かない。  後ろを振り向くと駐車場があんなに遠くに見える。
 7時に八合目の石室を通過し、九合目の標柱を越えて、あと少しかと思ったら、その後にもうひとつ九合目があった(^^) 
 このあたりにきたら吐き気とめまいはおさまったが、息切れはおさまらない。空気が薄いのかな?
7:27 9合目の標柱
 やっと九合目と喜んだが・・・
7:50 九合目の石室
 もうひとつ九合目があったぞ(^^)
8:08 王滝山頂はもうすぐだ!時々ガスが晴れる。
 3年前にこのコースを登った時は2時間で登れたのに今回2時間40分もかかってしまった。体力の衰えだろうか?
 やっとたどりついた頂上だが濃いガスで全く何も見えない(;_;)頂上には10人くらいいたがみんな手持ち無沙汰の感じで休んでいる(^^) 
8:11 やっと神社にたどり着いた。休むまもなく神社の横を抜ける。  神社の裏(八丁ダルミ)に出ると頂上がすぐ目の前に見える。あと少し。 8:38 足を引きずりながらようやく頂上に着くことができた。へとへと。
 20分ほど休憩していたらちょっと楽になったのでお鉢めぐりのコース行ってみたが、先がまったく見えず、しかもすぐ転倒してひじを強打したので、即あきらめる。
 あきらめは早いほうだ。無理はしないがモットー(^^) 
 近くの人と写真の撮りあいをする。周りは全く見えない。  お鉢めぐりコースに踏み出すが20m先しか見えない。  ちょっとガスが晴れかかると二の池が見えるのだが、またすぐ元に・・・
 もう帰ろうかと思ったが、時間が早い(9時過ぎ)ので二の池方面に下りることにした。ところが下り出したらガスが晴れてきた。
 降りてくるとなぜか晴れるといういつものパターンですね(^^)。よくあることなのでべつに腹も立たないぞー(:_;)
 その後、ガスはかかったり晴れたりしていたけどまあそこそこの天気だったのでそのへんの不満はないが、体力的な問題で予定通りの山行ができなかったのがくやしい。
 下りは息切れもせず1時間20分で王滝の神社から下山できたのでちょっと安心したが、今回の山行は今後の予定に不安を抱かせるものだった。
   
10:52 下山にかかる。左上が頂上になるがまた濃いガスだ。 12:20 無事下山。またガスがかかりだしたがもう関係ないぞ。