5時10分、マイクロバスで敦賀ICを出発して長浜で中型バスに乗り換え、あちこちで人を積んで25人揃ったところで名神ー京滋バイパスー第二京阪ー近畿ー南阪奈を乗り継ぎ、奈良に入って橿原市ー吉野町ー川上村とひた走る。
 国道から外れて大台ケ原ドライブウェイに入り、登山口についたのはもう11時半だった。
6:10 長浜豊公園で中型バスに乗り換える。 10:15 途中一箇所道の駅で休憩。ここは吉野川沿いの川上村。 11:00 早めに昼の弁当を食ってしまうlことにした。一見豪華?
 川上村では雨が降っていたが、山の上は霧雨程度で特に雨具も要らない感じなのですぐ出発した。
 日出ヶ岳への登りは天筒山くらいで楽勝。あとは緩やかなアップダウンでハイキングモード。
 景色はこの天気なので遠望はきかないがしょうがない。雲海を見るのみだ。 
11:30 敦賀から6時間半ようやく大台ケ原の駐車場に着いた。 11:40 すぐに歩き始める。平坦な道で歩きやすい。小ぬか雨。 12:10 少し登ると最高峰日出ヶ岳(1695m)の展望台。
12:30 こんな風景がつづく。小高いところから熊野灘が見えた。  ちゃんと木道が作ってあるが雨でぬれているので注意深く歩く。 13:10 牛石が原には寝牛の形をした石があったはずだが・・・。  神武天皇がこの地を通ったらしいので記念してできた?
13:30 大蛇ー(ぐら)。先端は800mの断崖絶壁なので私のドッペルゲンガーを派遣する。 11:50 元の周回道に戻って、この後はシオカラ谷の底へ向かう急な下りが続く。 14:10 シオカラ谷を渡るつり橋のたもとでコーヒータイムにする。この辺の紅葉が一番かな。 14:30 登り返しがきつかったがやがて緩やかな登りに戻る。いつのまにか人影が消えて不安。

 15時半に駐車場を出発し眼下に紅葉を見ながらまたもとの道を・・・と思ったら、川上村からあとどこかわからない山の中を走り続けているうちに暗くなり、そのまま茫漠たる闇の中を猛烈に飛ばす運転手に身をまかせること4時間余、気がついたら名神を走っていた。彦根ICで下り、後は国道で人を降ろしていく。木の本からまた高速に乗って21時半やっと敦賀ICに戻り、16時間以上にわたるツアーが無事終了した。長かったー
 
 天気はいまひとつだったが気持ちのいい山歩きだった。こんなに遠くはとても来られないだろう。ツァーで正解だったと思う。6,800円で弁当つきは安いと思う。自分で行けば高速代1万円、ガソリン代5千円以上はかかる。
14:45 元の駐車場に到着した。出発まで間があったがウロウロせずバスで休憩。  ドライブウェーから見た熊野山地(というのかな)は紅葉のまっ盛りだ。