室堂平から見た別山方面

 緑矢印が剣御前小舎
 青矢印が別山
 
 小屋までの登りは左の稜線沿いで行き、帰りは小屋からまっすぐ下る道でおりた。
    
9月30日
 朝5時に家を出たが立山駅に着くと駐車場はいっぱい、ケーブルも込んでいて乗れたのは8時40分。乗り継ぎのバスはあまり待たずに出たが室堂に着いたとき結局9時45分になっていた。やっぱり家から5時間かかるということか。
 バスから見る弥陀ヶ原(左)はもうすっかり紅葉していてすばらしい景色だ。ちょうどいい時期に来たみたいでうれしくなる。(右は室堂センターから見た立山連峰。)
10:02 歩き出すとすぐ地獄谷が見えてくる。ガスのにおいが結構きつい。噴火しないだろうな。 10:33 雷鳥沢のキャンプ場を抜け、称名川にかかる橋をわたって左へ曲がる。  右へ行くと直登コースなのだが、標識(写真真ん中の板)を見落としてまっすぐ行ってしまった。   尾根が見えてきたので道を間違えたことに気づき戻ろうとしたら、後ろから来た人が稜線沿いに行けるというのでこのまま行くことにする。
11:00 稜線の手前で分かれ道。右が別山。左は大日三山になる。もちろん右へ行く。  稜線に出ると遠くに山小屋があり、登山道らしきものも見えて来てひとまず安心する。 11:35 道はゆるくて楽なのだがなかなかはかどらない。そのうち右手の真砂岳にガスがかかり始めた。 11:55 小屋は見えているのだが近づかないのがくやしい。ガスも出てきたのであせる。 
 着いたのはいいけど、ガスが見る見るうちに濃くなっていく感じだ。
 おまけに風が強くてコンロを使えそうにないので仕方なく小屋の中へ入ってカップめん(500円)を食べる。   
12:06 それでも何とか小屋(剱御前小舎)に着くことができた。 12:25 食べ終わって外へ出ると剣岳のほうは全く見えないし・・・   別山のほうも見えないのだが・・・行けるところまで行くことにする。 
 ガスでさきが見えない上にいくつもピークがあっていつになったらつくんじゃい思ったが、何とか頂上に着いた。
 頂上にはロシア人3人と日本人2人のグループがいて昼食を食べていた。なんでもモスクワから来たらしい。遠いところからくるもんだね。
 周りは何も見えないので15分ほど休憩して下山にかかった。 
12:45 あと少しみみたいだが・・。 12:52 やっと頂上に到着できた。  帰り道後半はこのような快適な道。
 室堂山荘に着いたのは15:30だった。一休みした後風呂につかって缶ビールでくつろぐ。6時から夕食(写真)を食べたが4年前と比べると確実に内容は落ちている。
 相部屋の客は一人は76歳の九州から来た老人。もう一人は香港から来た30台の若い人だった。老人のほうは車であちこち山に登っているようだし、香港人は昨日は上高地、明日は高山と日本での休暇を楽しんでいるようだった(来月は台湾へ行くらしい)。いろいろしゃべって9時に寝た(香港人はその後もスマホをいじっていたけど)。