5時起床のつもりだったが、こういうときは早く目が覚める(^^)ので5時過ぎには家を出ることができた。
 途中2度休憩や買い物をし、なんとか8時過ぎに立山駅に。やっぱり駐車場は混んでいたが、路肩(ここもすぐ一杯に)にとめて出発。
 順調にケーブルには乗れたが(8:40発)、バスは臨時で9:10発になってしまった。やっぱり5時間かかるね。
8:20 駐車場は一杯だったがなんとか路肩に停めることができた。  弥陀ヶ原は紅葉の真っ盛り。赤、緑、黄色と色とりどりだ。 9:55 室堂に着くと雄山が目の前にくっきりとそびえ立っていた。
10:07 室堂山荘との分岐でパンを一個腹に入れてさあ出発だー  一の越山荘と頂上神社が見えてきた。まだ遠い。けっこう息切れがする。  祓堂。何を祀ってあるかしらないが50円で無事を祈るあつかましいやつ。 10:42 一の越山荘着。尾根にはすでにたくさんの登山者が取り付いていた。
 時間が惜しいので室堂に着いてすぐスタートしたが一の越への登りでけっこう息切れがする。やはり空気が薄いせいなのか。
 意識的に大きく呼吸をしながら歩くとやがて慣れたのか尾根に取り付くころには楽になった。
 たまに強い北風が吹いて歩きにくかったが、さほど苦労せず雄山頂上に到着することができた。
11:10 わりと楽に三の越に到着。ここまでくれば頂上は目の前だ。  右に目を向けると富士山や槍ヶ岳がはるか向こうに・・・   左側には室堂平と去年登った大日三山が見える。 
 ちょっと雲はあるが高層雲みたいでまわりの山々はよく見える。正面に富士山や槍ヶ岳、後ろには剣岳とすばらしい眺めだ。
 だが日帰りコースのつらさ、ゆっくり楽しむ間もなく大汝山へ向かう。

 11:45 大汝頂上着。昼食を含めてここで40分ほどゆっくりする。そこらを歩き回って景色を十分堪能することができた。
11:25 雄山頂上は登山客でごった返していた。  鳥居の手前から下におりると案外近くに大汝山が見える。  振り返ると雄山頂上が見える。この角度から見るとすごい急だ。
 「春を背負って」の映画の舞台になった大汝小屋は営業終了だった。  近くにいた人と写真の取り合いをする。(向こうはスマホだったけど)  去年歩いた別山と大日三山のルートが目の前に見えた。  人間の仕事の偉大さに思いをはせながらおにぎりを食べる。
 
大汝山から後立山連峰を見る(山名は推定)
 ゆっくりと紅葉を楽しみながらおりるのがまた気持ちいい。  室堂まで下りてからちょっと道草をくってみくりヶ池を眺める。  バス乗り場は人でごった返している。けっこう待たされたぞ。  美女平の近くまできたらサルの親子連れがいた。

 今回はすばらしい眺望を楽しむことができて大満足の山歩きになった。文句があるとしたらやっぱり混雑ですね。行きのケーブルはほぼ待ち時間なしだったが、乗り継ぎのバスは30分ほど待たされたし、帰りは2時に室堂に着いたのにバス待ち、カーブル待ちで立山駅に着いたのは4時だった。まあ、連休に比べればこれくらいはしょうがないかも。
 あと、往復で480kmの運転はけっこう疲れる。その日はそれほど思わなかったが、次の日2時間も昼寝してしまった。やっぱり疲れていたのだろう。歳を考えるともうあんまり無理はできないのかなとさびしくなる。
 ひとつだけ文句がある。ケーブルとバスで往復4300円は高いなーと思う。あと1000円くらい安いとなー。もう一回来るけど。