関連書籍 

トップページに戻る

日本刀職人職談
工芸出版 発行
日本刀に関する一流の職人を紹介している。
また研師、刀工、白金師等の仕事内容の紹介している。
日本刀関連職人の概要が理解できる。

作刀の伝統技法
理工学社発行

日本刀とは、たたら製鉄、鍛刀、研ぎ、刀装作製、日本刀の科学的な分析について詳しく解説されている。
一般の方が、概要を理解するには適しているが実際に日本刀を研いだり、白鞘などを製作しようとすると、概要がわかるだけでなので実施出来ない。

刀剣 鞘製作のすべて 水田宏明 著
東洋書院発行

鞘師の水田宏明さんが、鞘製作の工程等を詳しく解説している。
どんなに詳しく説明していても、解らない部分があるので水田宏明さんを訪ねて、色々お聞きしたいと思っていましたが、亡くなられており実現できませんでした。(残念です)

職人の技を後世に伝えるために、貴重な書籍です。

打ち刃物職人
潟潤[ルドフォトプレス発行
鞘師にとって切れる刃物が命です興味深く見れました。

鉋大全
誠文堂新光社発行

鉋を理解するのに、役立ちました。
鉋を使う人にお勧めの一冊です。

いっしん 虎徹 山本兼一 著
山本兼一さんは、火天の城などの職人を主人公とした小説を書かれています。

越前の甲冑師が、伝説の刀鍛冶になるまでを描いています。

刀が好きな方、お勧めの一冊です。


刀装のすべて
各種拵えが掲載されていますが、写真が小さくて詳細が解らない。

このような専門書でも拵えの大まかな形が解るだけなので、拵えを製作する際の参考にはならない。

打刀拵 東京国立博物館発行

拵えの断面が解る書籍を探していたが、見つかりませんでした。
小浜の研師さんに納品した際に、この書籍を見せていだいて、早速購入しました。

上杉家伝来の合口拵えの断面は、本当に卵に近いことが解る。
各パーツの写真もあるので、参考になる。

尾張拵え・柳生拵え

この書籍も、京都の研師さん宅で、紹介していただいたものです。
坂入先生が(御刀柄巻無鑑査)が執筆されており、後世に残る貴重な一冊です。
購入したばかりで、ざっと読みましたが、刀職職人を目指す方は必須の一冊です。

刀装入門 柴田光男著

拵を製作するときのガイドブック

薩摩拵 調所一郎 著