日本刀は、折れず曲がらず良く切れると言われています。

本当でしょうか、実際に捲きわらを切ってみると、簡単に曲がります。
刃筋が真っ直ぐになるように、刀を振らないと切れません。


白鞘の角入れ

白鞘の鯉口に角入れするのは、明治ころから始まったようですが、鞘師としてはお勧めしません。
鯉口は、鉋でピッタリ合うように削ります。
密閉性が高くなりますので、刀身の保存環境が保たれます。
ところが、角を入れることで、密閉性が損なわれ保存環境が悪くなります。
また、白鞘は楔を入れると簡単に割ることができますので内部の清掃ができます。
角が入っていると、鞘を割ることができません。
居合いの高段者の方が、角が入っている白鞘が高級な良いものと誤解されていました。


白鞘は、刀身の保存のための物ですが、角入れは白鞘の本来の機能を損ないます。





拵えのツナギについて

拵えに入った刀の白鞘を製作する場合、ツナギも一緒に製作する場合が多いです。
拵えの柄・鐔・鞘がバラバラにならないように、拵えにツナギを入れるため必要です。
この場合に、白鞘にもツナギが入るように製作して欲しいと言われるときがあります。
これは、ナンセンスです。

古い拵えは、古い油や錆で汚れています。
拵えの鞘にツナギを、入れますと黒い汚れが付きます。
これを白鞘に入れれば、これらの汚れを白鞘の中に持ち込んで汚れてしまいます。
これでは、錆やヒケが発生する原因を作ることになります。


目釘について

目釘の材料は、竹ですが

白鞘に使用するのは、煤竹です。
 目釘の方向は、頭側に皮のある方に入れます。


拵えに使用するのは、真竹です。
 目釘の方向は、縁側に皮のある方に入れます。


トップページに戻る

日本刀に関する迷信・誤解