1.お客様からの御依頼を、メールで頂く。
(この際に御刀の長さ、状態、諸工作の要望など詳細を、お知らせください)

2.お知らせいただいたメール内容に基づいて、仮の見積もりをお知らせします

3.御刀を当工房宛てにお送りいただく(登録証コピーを添付)際は、
不着や誤配を防ぐ為にも発送時の伝票番号をメールで必ず御知らせください。

4.到着後、正式な料金や納期などをメールにて御知らせいたします。

5.料金、納期など御納得いただけたら正式な御契約となります
(お考えと相違する場合は送料着払いにて返送いたします)

6.諸工作に着手

7.進捗状況は、メールにて適宜ご連絡いたします。

8.諸工作完了のご報告メールを差し上げます

9.当工房指定の銀行口座に料金をお振込みいただく
(諸工作完了のご報告から、一週間以内にお振込みお願い致します。)

10.ご入金の確認でき次第、厳重に梱包して宅急便で発送いたします。
発送時の宅急便の伝票番号をメールで御知らせいたします。

11.お客様のお手元にお届け


輸送に関する注意事項
万が一宅配便での事故等発生した場合には、補償はできません。
職人間の輸送の際も、通常は宅急便を使用します。
心配な方は、高価になりますが美術便を指定してください。


送付先

池田 正仁

郵便番号:
914-0056

住所: 福井県敦賀市津内町3-6-11
携帯:090-2038-3968

新聞紙3枚わ重ね二つ折りにします。

鞘のない刀身の梱包方法(新聞紙の仮鞘製作)

角を折ります。

刀身の反りに合わせて巻いていきます。

巻き終えたら端を、テープで止めます。

切っ先から余裕を取って折り返します、この時刀身を抜いて折り返します。
刀身を入れたままで折り返すと、切っ先を折る場合がありますので注意してください。

折り返した先をテープで止めます。

刀身が抜け出ないように、中心に新聞紙を巻きつけます。

テープで端を止めます、外れないように接続部分もテープで巻いておきます。

巻き終えたら端を折り返します。

これをダンボール箱等に入れて、周囲に新聞紙を丸めて入れ、動かないようにします。
ダンボール箱を密封して、完成です。

トップページに戻る

ご依頼方法

下の部分も折り返します。

さらに折り返して、巻き始めます。