嶺南学園 敦賀気比高等学校・同付属中学校 父母と教師の会ホームページ
嶺南学園 敦賀気比高等学校・同付属中学校
父母と教師の会ホームページ
敦賀気比高校
ホームページ

保護者同士や学校との絆をより強く結びつける
「魅力あふれる関係づくり」
の風土を築き上げるための活動を目指して

保護者同士や学校との絆を
より強く結びつける
「魅力あふれる関係づくり」
の風土を築き上げるための
活動を目指して


はじめに

本校は昭和61年に私立学校として開学し、昨年30周年を迎えました。開学から2年後の昭和63年には、福井県で初めての併設型中高一貫校となり、本県中高一貫教育の先駆けとして、私学の自主性、独自性を活かしながら、今日まで歩んで参りました。

また、本校のPTA組織である「父母と教師の会」は、福井県高等学校PTA連合会および敦賀市PTA連合会に県内の私立学校として唯一加盟し、公立校や地域との連携を図る一方で、私学ならではの特色ある活動を行っています。

平成29年度役員

NEWS&Topics

2017.09.15

父母師会「気比校祭支援実行委員会」模擬店

気比校祭2日目、本校の中庭に毎年恒例の父母師会による模擬店がオープンしました。ご飯ものや麺類・から揚げなどのサイドメニューは前売り販売で、かき氷やアイスクリーム・飲み物・駄菓子などは当日販売で提供されました。メニューの合計は15種類以上。どの販売ブースも大盛況でした。

気比校祭の最終日(体育祭)でもほぼ同じメニューが並びました。当日は土曜日とあって、残暑のなか数多く来校された保護者や卒業生のみなさんにも、ペットボトルやアイスクリームなどが販売されたほか、父母師会から、生徒の休憩テントや本部席・救護テント・保護者席付近に氷柱が準備され、熱中症対策として大いに役立てられました。

会員の皆さまには、2日間多数ご参加いただき、多大なご支援・ご協力をいただきましたこと、心からお礼申しあげます。

2017.09.15

第65回日本PTA全国研究大会仙台大会に参加して

8月25(金)・26日(土)、第65回日本PTA全国研究大会仙台大会が、「つながろうPTA!子どもたちの輝く未来のために」~杜の都発!みちのくの今を伝えたい感謝の思いと確かな歩みとともに~の大会テーマのもと、仙台市カメイアリーナをメイン会場に開催され、全国各地より約8千人、本校からは2名が参加しました。

はじめに分科会が行われ、運営・学校・家庭・広報・地域・人権・環境・健康をテーマとした8つの分科会と、2つの特別分科会が開催されました。

この中で広報活動においては各学校が特色ある紙面づくりに御苦労されている点に着目し、専門家でもある新聞記者のパネリストから、紙面づくりでは「学校目線ではなく保護者目線で作る」「PTA会員の知りたいに応える」「記事投稿よりも取材重視」と言った専門家らしいご意見を頂き、今後の広報誌づくりの多いに参考となった。

全体会では、伊達政宗をはじめとする戦国武将隊や迫力のあるすずめ踊り等の仙台らしい歓迎アトラクションで始まり、式典には、宮川典子文部科学大臣政務官、吉野正芳復興大臣、宮城県山田副知事より祝辞があり、郡仙台市長他東北地区PTA役員関係者が来賓としていらしていました。

その後の記念講演では、三宅宏実、三宅義行親子による、「オリンピックへの挑戦家族の絆で掴んだ父娘メダル」と題した基調講演があり、「家庭でのコミュニケーション」が最も大事であることを教えられ、たいへん学ぶことの多い講演だったと思います。

本大会に参加させて頂き、今後も変化し続ける学校教育と社会環境の中で、子供達のために、学校とPTA、地域がまさに一つに繋がって育てていかなければならないと強く感じた大会であったと思います。また、東日本大震災からまだ復興途中ではあるものの、全国から寄せられた多くの支援に対する心からの感謝を感じることが出来る大会でした。


敦賀気比高等学校付属中学校

父母と教師の会会長 山本 悟

2017.08.30

8月24日からの2日間にわたり、全国高等学校PTA連合会静岡大会が、NHK大河ドラマの舞台で注目が集まる静岡県袋井市のエコパアリーナを中心に開催されました。

「有徳の人づくり」のテーマのもと「戦国武将に学ぶ子育てと人づくり」と題しての基調講演や、有徳の人を育てる学校教育、進路指導、生徒指導、家庭教育などの分科会、地元出身の俳優筧利夫さんのトークショーなどが催されました。

未来を自らの力で切り開く「徳」を備えた人材を育成するためのヒントをたくさん得ることができ、大変有意義な行事であったと思います。

開会式
全国から9300人参加
地元高校生アトラクション
2017.06.14

6月6日(火)AOSSAにて、福井県高等学校PTA連合会の「年次総会」が開催されました。

その際に、本校父母師会前会長の碇望様と前副会長の田中建作様が、県高P連会長表彰を受けられました。

また、県高P連広報紙コンクールにおいて、本校の平成28年度広報紙「敦賀気比」(年3回発行)が入賞(佳作)し、その表彰式が行われました。

会長表彰を受賞されましたお2人の本校父母師会活動への並々ならぬご尽力に対しまして、改めてお礼申しあげます。また、広報委員会前委員長の川口清美様はじめ、平成28年度の委員の皆さまのお力添えに深く感謝申し上げます。

ご退任された皆さまには、今後のご健勝とご活躍をお祈り致しますとともに、本校の父母師会活動に、変わらぬご理解とご支援を賜りますようにお願い申し上げます。

父母と教師の会活動

本年度の活動への思い

保護者同士、保護者と学校がより強い絆で結ばれるよう、子供たちのことを第一に考えた活動を行っていく。

それが本会の目的であり、これまで培われてきた土壌を大切にしつつ、更なる改善を図りながら「魅力あふれる関係づくり」をテーマに取り組んでいきたいと思います。

その為には、保護者同士・学校との間でのネットワークを強化し、しっかりとコミュニケーションを取りながら地域の魅力ある文化を取り入れつつ、私学の有意性・独自性を活かした魅力あふれる活動を目指します。

保護者と学校が強い絆で結ばれることで、子供たちが楽しく誇れる学園になるよう全面的にバックアップしていきたいと考えます。

活動の紹介

広報委員会
テーマ

広報誌と部活動紹介誌を通じ、本校の魅力や様々な「父母と教師の会」の活動を発信してまいります。

年間計画
進路委員会
テーマ

生徒のやる気と意識向上を目的としたキャリア教育事業の実施をします。

年間計画
健全育成委員会
テーマ

生徒が安全で安心して明るく伸び伸びと成長できる環境づくりを目指します。

主な活動内容
厚生委員会
テーマ

保護者、先生、生徒そして地域間で絆を深められる事業を展開します。

主な活動内容
中学部委員会
テーマ

中学部の保護者で構成される委員会です。様々な交流事業を通し、中学部の保護者の輪を深めてまいります。

主な活動内容

終わりに

子供たちは成長し、親離れが始まりつつあるなか、嬉しいと思えるときもあれば、寂しさも感じたりします。

昨今の一般的な状況を見ますと、次第に保護者と学校との距離や保護者同士の距離が離れ、PTA活動への不信感ばかりがとりだたされていますが、幸いにも本校の保護者の方々や学校との関係も非常に良好だと感じています。子供たちもそのような関係性を敏感に感じ取ってくれて、健やかに成長してくれていることに有難く思っています。

ですが、もっともっと魅力的な学校にしていくためには、子供達のために保護者全員が父母師会への関心を高めて頂き、前向きに捉えて頂けますと私たち役員も幸甚かと思います。決してお互いを批判することなく、魅力あふれる関係づくりを皆様と一緒に築き上げられれば、敦賀気比校の魅力は益々増していくものと思います。

PAGE
TOP