とうふあれこれ  その
 
  豆腐は冬の食べ物だった?

  鎌倉時代まで、豆腐はおもに僧侶の食べ物だったと言われています。
庶民の間で、食べられるようになったのは、室町時代に入ってからのことでした。
この時代になると、農耕技術が発達し各地を結ぶ交通も盛んになって、日本人の食生活が大きく変わり始めました。
初めて京都に豆腐売りが現れたのも、この頃だとものの本に記されています。
只、現在のように店を構え、そこで造って売っていたわけではないようです。
大峯辻子(おおみねつじこ)と呼ばれる売り子が、奈良の豆腐を運んで京の路上で売っていたそうです。
古い本の挿絵では、低い台の上に正方形に近い薄めの豆腐を並べ、この大峯辻子が「とうふ めせー 奈良より登りてそうろう」と呼びかけながら売っている様子が描かれています。
当時は京都より奈良が、豆腐の本場でした。
それにしても京都と奈良の間は30キロもあり、夏など運んでくる間に、豆腐が傷んだりしなかったのだろうかという疑問が湧きます。
実は当時、豆腐は冬の食べ物だったらしく、昔の人の日記でも豆腐が出てくるのは、もっぱら冬である。
また室町時代に作られた「七十一番 職人歌合わせ」の中には

『ふる里は 壁のたとへに奈良豆腐

     
白きは月の そむかざりけり』

という歌があります。
豆腐はその色から「白壁」あるいは「壁」と言われました。
「白きは月の」も、やはり豆腐の白さにかけているのですが、月が白く冴えるのは冬でここでも豆腐は冬に結びつくのではないでしょうか。

 
 
     前のページに戻る