1月も終わりはや2月・・・この調子だと今年も早く過ぎそうだ・・・と書いたらもう3月・・




 

 今年も元気に山歩きができますように

 






3月24日 花壇

ようやく水仙が咲きだしたと思ったら
いつのまにかパンジーもひらいていた



 ジンクス健在か?


 朝起きたら雪が積もっていた。「おーい、またかい」と思ったね。というのももう大丈夫だろうと昨日シャベルと融雪ホースをしまったばかりだったからだ。だるまマークは出ていたが雪はちらついてもまさか積もることはあるまいと高をくくっていたのだが、この何年か消雪、除雪のグッズをしまうと必ずまた雪が降るのだった。
 このジンクスを破ることが今年もまたできなかったということか・・・でも今年は意地でも一度しまったものは出さないつもりだ。(3/8)


 
 




 行程図
(2014〜6)


2017年 
 
今年の山歩き
 
 2016年
2016年全登山

2015年 
 
 2014年
  
    
    
 3月20日(月) 危ない天然記念物

 小森神社のヤブニッケイ  田結神社のスダジイ 

 今年は1月の強風で国立病院のユーカリの木が倒れてしまい、天然記念物の指定解除という事件があったが、そのほかにも危ない物件がある。何しろ古い木だし手入れもしないので当然と言えば当然だね。指定はするけど管理は持ち主というのが市の基本的な姿勢だ。

 3月24日(金) いつまで続く積雪ぞ

 頂上にはうっすらと新雪が・・  2/3は顔を出したか?一の岳 
 
 今年はいつまでも雪が融けない。「あと2km」の標識までは夏道になっているがそこから一の岳まではまだ冬道だ。二の岳あたりはいまだに1m近くは積もっている。おまけにきのう新雪が降ったらしく三の岳は踏み跡がわからなくなっていた。

 3月10日(土) 新雪深し野坂山

 一の岳の標識はまた埋まってしまった。  小屋の前から若狭湾を見る(敦賀湾ではない)。

 先日来のまさかの積雪だが山のほうは大したことはないだろうと高をくくって出発した。念のため長靴にしたが思ったより新雪が多くて歩きにくかった。上のほうは4,50cmくらい新たに降った感じだった。この時期これだけあるのは珍しいのではないだろうか。

 3月17日(金) いまだ雪深し野坂山 

 一の岳の状況(二、三もこれくらいだった)。  ブナ坂のガスは幽玄というか・・・。

 一週間空けたくなかったので曇りだったが出発。登山口で三重県から来たという7、8人のパーティーに出会う。ルートの雪の状況を聞かれたので惜しみなくし知識を披露する(^^)きっと得意そうな顔になっていただろうなー

 3月5日(日) のさか山の次はとさか山だ!

 山友クラブは2月の例会が流れて実質1回目(1月は2人だけだった)の例会になろうか、遠い滋賀県の山だというのになんと9人も参加した。
 行先は湖南地方の(湖南アルプスというらしい)竜王山と鶏冠(とさか)山の2山をぐるっとめぐるというコースだが、これがまた長いのなんの・・・8時半にスタートして振出しに戻ったのは15時半。昼食休憩はあったがほとんど休みなしで7時間の行動であった。
 野坂山で鍛えているとはいうもののけっこうハードではあった。ただ、行き帰りの運転は人まかせだったのでその分は楽だ。久しぶりに山歩きをたんのうした。

 天狗岩(矢印)の上にも人がいた。こわそーで私は行けない。  ところどころに琵琶湖を一望にできるところがある。
 
 2月26日(日) 今日も元気だ 野坂山

 風もなく穏やかな頂上。気持ちよかった。  琵琶湖側と白山側は雲が多かった。 

 いい天気なので思い立って出かけた。日曜日たくさん登ってきていた。4日前よりさらに雪が融けている。標識はすべて顔を出していた。
 ふと気が付いたが今日は2・26事件のあった日だな。

 3月1日(水) 続・今日も元気だ 野坂山 

 白山がこの時期にこれだけはっきり見えるのは珍しい。  このアングルは雪がたくさん積もった時しか撮れないものだ。

 ずっといい天気が続いていたがやっぱり3日はあけないと体がもたないとじっと我慢してきた。そして今日は満を持して野坂山へ・・ってそんな構えることもないが勇んでスタート。もう額に汗がにじむ季節になってきた。

 2月22日(水) またもや晴天 白山くっきり

 二の岳の手前に点々と動物の足跡(ヒヅメなし)がついていたがキツネかな?  「樹氷の木」は今日は先っぽに少し氷がついている程度だ。そうはうまくいかんて。  頂上手前の最後の登りは小さい木が隠れて見通しがよくなっている。これは久しぶり。   白山がバッチリ見えているのだがこの写真ではわからない。本当に360度見える。

 ある程度積もらなければ行けない山小屋横手の小高いところから360度の動画を撮ったつもりだったが写っていなかった(;_;)。今日も、下りるのが惜しいと思わせるすばらしい眺望だったがやっぱリ20分で下山。12時までに帰って昼飯を食べようと思うとどうしてもこうなってしまう。

 2月16日(木) 今日もまた野坂山

 やっと雪がやんで今日は雲ひとつない上天気なので追い出されるまえに志願して野坂山へ出かける。積雪が多くて水飲み場手前からの直登コースに踏み跡がついている。ここから登るのは何年ぶりだろうか。
 軽アイゼンを付けたけれども雪が柔らかくてやや難渋しつつも10時過ぎに山頂に到着。遠方がかすんでいて白山は見えなかったがそれでも360度の絶景を堪能できた。
 11日からの大雪で毎日雪かきに明け暮れて腰が痛くなったけどなんとか峠を越えてほっとしている。まったくないとさびしいけど、やっぱり雪はいやですね。特に最近は除雪が行き届かないので余計大変だ。雪を眺めながら酒を飲むくらいの余裕がほしいものだけど・・・(^^)

 修理がすんだ入り口の戸。雪も掘り起こしてある。  孫とはたまに遊ぶのがちょうどいいようだね。

 2月10日(金) 何とか一の岳まで行ったが・・・

 駐車場まで一応来られたが車は1台しかなかった。  ここから積雪が多くなる。地蔵さんは隠れていた。  一の岳の標識は多分明日には埋もれるだろう。   着いたときは少しは見えた下界が雪で見えなくなった。 

 大雪警報が出ようかという時だが前回から日があいたので思い切って一の岳まで出かけた。先行二名しかいなかったので雪が十分に踏み固められていなくて登るのが大変だった。歳をとったせいか軟弱になって今日はあんまり気が進まなかったが、まあたまにはこういう時に登るのもいいものだ。

 2月1日 今日から2月
 
 登山口に「山小屋利用できない」の断り書き。ここはまだ車でこられない。  頂上の雪もこの1週間で激減。晴れていた空が雲で覆われてきた。   来月開業する予定のスマートICが積雪のおかげでよく見える。  戸をなおしに合板を担いで上がってきた人。「ごくううさまです。」と声をかける。

 さほどいい天気でもなかったがそこそこ晴れていたので野坂山へ。今日は樹氷はなかった(^^)し頂上の眺望も前回に比べるといまひとつ。下りるころには全天曇りだったからちょうどいい時間帯に登れたと思う。

 1月26日(木) 360度の展望 野坂山へ

 今週に入ってから各地で大雪になり、敦賀も20cm以上降ったので除雪に毎日明け暮れている。外も歩けないのでこの5日間はWマシンに頼っていたが、今日久しぶりの晴天になったので勇んで野坂山へでかけた。
 登山口から雪が多い。一の岳の標識は埋まっていて、二の岳、三の岳はてっぺんがかろうじて出ているていどだ。案外気温が高くて汗がいっぱい出る。樹氷が落ちていないか心配だったが何とか間に合い、いい写真が撮れた。家に帰ってNHKローカルに送ったが採用されなかった。残念じゃー。もう二度と送らんぞー

 久しぶりに見る見事な樹氷だった。  これも久しぶりのウサギの足跡。
 1月23日(月) ついに雪が降った

 23日(月) 除雪車出動するも積雪は20cmくらい  22日(日) 日吉神社にて11時厄除けと合格祈願の取材  同日夜 縄間「伝平荘」にて山友クラブ新年会に参加  21日(土)9時半 文化財防災訓練で天満神社に行く

 あまりにも冬らしくないのでもうぼつぼつ降ってもいいなと思っていたが、朝起きてつもっているとたとえ20cmであってもやっぱりいやだということがわかった(笑)。まあ除雪は運動にもなるので少しくらいなら歓迎というところか。
 22日はなにもなければ野坂山目指しているところだが、あいにく区の行事に縛られて身動きできず残念。代わりと言っちゃなんだが昼飯代わりにぜんざい2杯いただく。夜の新年会は3千円という安さの割にはごちそういっぱいで大満足。

 
 1月17日(火) 71歳記念野坂山登山

 一の岳(標識は2/3埋まっていた)  二の岳(ここも出ているのは1/3くらい)   三の岳(雪が案外少なくて3/4くらい出ている)  頂上(積雪は30cmくらいだろうか)

 あまり天気は良くないが前回から10日も空いたので思い切って登ることにした。足あとがあまりなくて二の岳あたりは歩きにくかったがなんとか長靴で頂上へ。下り始めた三の岳で一時吹雪になったがあとは何とか天気がもって無事下山。七一歳の誕生日を気持ちよく迎えることができた。

 1月7日(土) パソコン購入

 5年前3万円で買ったASUSのノートパソコンが去年の暮れから調子が悪くなり動かなくなったので代わりを探していたがなかなか安いのがない。
 去年の年末大売り出しで1番安いのがGATEWAYの6万5千円(税込み)だった。まあ、このくらいはしょうがないか、年が明けたら買うかときのうJOSHINへ行ったらなんと年初めの大売り出しで5万3千円と1万以上下がっていたので即購入!
 CPUがセレロンだとかメモリがどうとかスペックなんぞにもう興味はない。ネット用なので(その他はHPなどはDESKTOP)これで十分だ。5年もってくれるかな?

 今日の野坂は絶好の天気で白山がくっきり。団体を含め50人以上は登っていた。  妻の実家で4世代そろった正月の会食。うな重が食べられるのはここだけなのだ! 
 
 1月4日(水) 登り初めだー

 予報では20%で曇りだったのに朝起きるとサアーっと雨が降ってきた。山友の1月例会だがこれでは誰も来ないだろう思って駐車場に行くと3人待っていた
 ところが出発のころになると雨がひどくなり2人はこれでは登れないというので残り二人で出発。そのうち止むだろうという目論見で登り始めたが、一向に止まないばかりか上に行くにつれミゾレからアラレまで降りだした。
 だが何とか根性出して頂上着。まだ10時半だったので、おやつだけ食べて下山。なんともさえない山歩きだったがそれなりに達成感もあり今年の登り初めはなんとか無事終了したのだった。

 今日はたった二人の例会だった。重装備のU氏。  まったく視界が利かない山頂。雪はもう融けてしまった。 
 
  12月26日(月) 今年最後の野坂山

 もうなかなかいい天気というものがない冬になってきている。きのうは久しぶりの晴れだったが孫が来ていて出られず。今日はあんまりいい天気ではないけどこれを逃すと来年まで太陽が出ないみたいなので思い切って出かけた。
 さすがに出足が鈍くて駐車場には車が4台きりしかない。ちょっとさびしいがはりきって(新しい長靴を買ったので)出発。
 一の岳の手前でW氏に出会う。今まで会う機会はなかったが大学の2年後輩で野坂山の常連だ。うわさは聞いていたが50年くらい会っていないのでお互い顔を覚えていない(^^)。だが何とか阿吽の呼吸で自己紹介?山で珍しい人に会えるというのもまたいいものですね。帰りはちょっとポツポツ来たがいい山歩きになった。

 三の岳のブナ林で追い抜いていく人。雪が多い。  かすかに白山が見えた。この天気で見えるのは珍しい。
 夜、BSの百名山で「白山」をやっていた。南竜から展望コースで室堂へ。そこから大汝へ先に行って御前峰というコースだった。

 12月18日(日) 野坂山に3度目の雪が・・・

 野坂に三度雪が降ると里に雪が来ると言い伝えられている。
 昨日がその三度目だと思うのでぼつぼつ心の準備を・・・って何だか知らないけどしなくてはね。
 今日は36度目の野坂山。これで去年と並んだ。今日は琵琶湖側の雲海がすごかった。厚い雲がこちらに押し寄せている。壮観だった。

 頂上の雪は10cmくらいか。減っているようだ。  二の岳の尾根筋。このあたりが一番多い。